互換ソフトの良し悪し

Pocket

AutoCadとの互換性のあるソフトウェアは様々なものがあります。有償の物も当然ありますし、中には高機能な上無料公開されている物もあります。そんな中からどのCADアプリケーションを選べばいいのだろうか、とお悩みの方もいるかと思いますが、それらのアプリケーションはAutoCadも含め、一長一短あり、業種によってこれがベストといいきる事が出来ないものなのです。操作方法にしてもAutoCadに近いものが良いのか、Jw_cadに似たものが良いのか、はたまたそれらとは違う独自の物を探しているのかと操作方法だけでもアプリケーション毎に様々な違いがあります。

ですので、これが良いと言った明確なおすすめはせず、互換性のあるソフトウェア全体としてAutoCadと比べてどうなのか、という事について解説します。まず、AutoCad自体は最もポピュラーなものであるという事もあってできることの多さやソフトウェア自体の安定性は群を抜いています。反面、互換ソフトについてはできる事は限定的であり、無料の物などは特にそうなのですが、図面の容量が大きくなると動作が不安定になりがちです。これだけを見るとやはり使えない、と思われるかもしれませんが、決してそんな事はありません。互換ソフトのできる事の少なさは、数ある互換ソフトの中から自分のやりたい事をカバーしている物を探し出せば解決する問題ですし、重いファイルを編集する際にはこまめなバックアップを心がける事で対処することが出来るでしょう。