導入前に見直しを

Pocket

自社で行う作業についてそれが本当にAutoCadを使用しなくてはならない作業なのか、という点について熟考してから導入を考えていただきたいと思います。AutoCadの導入コストは無視できるほどには少なくはありません。かなりの出費をするのであれば、その性能は使い余すことなく発揮したい所ではありますが、世に溢れているAutoCadとの互換性の高いソフトで、その仕事ができるのであればそのコストは大きく下げる事が出来る筈です。実際に大手企業であっても互換ソフトを導入し仕事をしているという所も少なくはないので、互換ソフトがどれだけ有用な物かは分かっていただけるかと思います。

また、互換ソフトは安価にライセンスを購入できたり、中には無料の物もあるため使用してみてダメだったら他の物を試す、という事も出来ます。ですので、一つ使ってみてこれは合わない、これでは仕事が捗らない、と感じたのでしたら他の物を試してみることをおすすめします。もしも仕事上必要な機能がどうしてもAutoCadでなければ使用できない、という事があるのでしたらそれは多少の無理をしてでもAutoCadを導入しなくてはならないでしょう。ですがそうでないのでしたら、互換性ソフトを試してみてからの導入検討をして欲しいと思います。経費削減の為にもぜひ検討してみてください。